メタボリック

内蔵型脂肪の肥満であるメタボリックシンドロームの人が増えているそうです。

内蔵型脂肪の肥満は内臓脂肪症候群と言われ、男性ではお腹まわりの腹囲が
85センチ、女性では90センチ以上の人は、メタボリックである可能性が高いと
言われています。

内蔵型脂肪がついている人は、お腹がぽっこりでている人が多く、
体の他の部分は細いのにお腹だけがでている人などは、メタボリックシンドロームの
可能性が非常に高いです。

メタボリックシンドロームの人は高血圧や糖尿病、高脂血症などのなりやすく
それらになると動脈硬化を飛躍的に進行させてしまうリスクが高いのです。

40歳から74歳の方では、男性では2人に1人、女性では5人に1人が
メタボリックシンドローム、または予備群であると言われています。

メタボになる最大の原因は過食と運動不足であると言われています。

なのでメタボを改善するには過食と運動不足を解消しなければならないのです。
また幸い、メタボの原因である内臓脂肪は皮下脂肪に比べると増加しやすいが
減りやすいという特徴があります。

なので無理な運動をしなくても、軽い運動やウォーキングを継続的に
行うだけでも効果があらわれます。

生活習慣を改善し、メタボを克服しましょう。