疲労作用

歳をとるとともに体は衰えていきます。

そればかりか、疲れがすぐ溜まるようになり、中々疲れも抜けなくなります。

疲労には種類があり、肉体的疲労、精神的疲労、神経系疲労の3つが
あるそうです。

肉体的の疲労は、筋肉を動かすエネルギーの不足と乳酸が蓄積することが
主な原因だと言われています。筋肉は乳酸が蓄積されると十分に働けなく
なります。

しかも筋肉は適度に動かさないと、弱くなってしまい、さらに疲れやすい
体になってしまうです。

精神的な疲労は人間関係やストレスなどの悩みごとが原因で起こります。
神経系の疲労はデスクワークなどで、視神経や脳が緊張している状態が続くと
起こります。

疲労は体にとって非常に重要なサインです。
疲労は痛み、発熱と並んで生体における3大アラームと言われており、体にとって
生命と健康を維持するうえで重要な信号のひとつなのです。

炭水化物が不足すると脳は必要なエネルギーを筋肉から補おうとします。
そのすると筋肉量の減少や新陳代謝の悪化を招き、体が疲れやすくなって
しまうそうです。

そうならない為にも炭水化物はきちんと摂取することが重要です。

また酸化は老化や疲労の原因ともなります。
活性酸素による酸化を防ぐためにも、抗酸化成分が含まれている野菜などを
きちんと摂取することは疲労防止には重要です。